Patisserie Cacahouete Paris 店舗外観
Home | Profile | Blog | 焼き菓子 | オントルメ
What's New

2018年ゴールデンウィークと5月の営業カレンダー

当店の営業時間は10:00~20:00となっております。毎週木曜日と第3水曜日を定休日としておりますが、5月は変動しておりますので予めご了承ください。
5月2日(水)は振替休業とさせていただきまして、5月3日(木・祝日)は営業いたします。
5月の定休日は、5月2日(水)、17日(木)、24日(木)と31日(木)です。
5月10日(木)~5月16日(水)の1週間は、渋谷東急FOODSHOW催事にて「母の日」の催事をさせていただきます。多くのお客様にご利用いただけるよう、洋生菓子をはじめとし、人気の焼き菓子も各種お持ちいたしますので是非ご利用ください。

週末限定!クレープ

桜の期間中行っていたクレープです。多くのお客様から大好評のお声を頂きました。つきましては、週末のみクレープを焼いています。パティシエの作るクレープは、生クリームもカスタードクリームも、そしてクレープ生地も美味しさにこだわっています。是非お楽しみください。

2018年4月の営業のお知らせ

当店の営業時間は、10:00~20:00です。毎週木曜日と第3水曜日を定休日としておりますが、4月は一部変更しております。あらかじめご了承ください。定休日は、4月5日(木)、11日(第2水)臨時休業、12日(木)、18日(第3水)、19日(木)と26日(木)です。

クレープ

目黒川の桜が見頃ですよ。そして、この時期クレープをシェフが焼いてますので、是非ご賞味ください。
恐れいりますが、連日大人気のためお待ちいただくことがございますが、予めご了承ください。

クレープ

目黒川の桜が見頃ですよ。そして、この時期クレープをシェフが焼いてますので、是非ご賞味ください。
恐れいりますが、連日大人気のためお待ちいただくことがございますが、予めご了承ください。

profile
PHOTOカカオエット・パリ
Owner Chef Pâtissier
(オーナーシェフパティシエ)

Jérôme QUESNEL (ジェローム・ケネル)

パリ最高級ランクのホテル「プラザ・アテネ」レストラン製菓部門の2番手シェフとして活躍。シェフである、Christophe MICHALAK, (クリストフ・ミシャラック:2005年、パティシエ世界大会優勝)の右腕となる。
2004年の製菓コンクール(Championnat de France)にて準優勝。斬新的なアイディアを持つことから、フランス製菓業界専門月刊誌「ジャーナル・パティシエ」に数回掲載され、製菓業界の中でも注目されている。パリ製菓学校「ル・コルドン・ブルー」の非常勤講師を勤めるかたわら、製菓業界の中で最高レベルのMOF <Meilleur ouvrier de France>の(Stéphane LEROUX、Jean-Michel PERRUCHON)や著名なシェフたち(Gilles MARCHAL、Sébastien MICHEL)から手法や技法を直々に伝授される。

また、ENSP(フランス国立製菓学校)で研修を重ね、常に製菓に対して追及心と好奇心を持つ。自称するほどの繊細な舌を持ち、味に大変敏感で、 新しい味のハーモニーを作り出す。製菓界の芸術作品「飴細工」や 「クロカンブッシュ」を得意とする。

就業職歴10年。フランスの超一流レストランである、「トゥール・ダルジャン」後、老舗の菓子店でありマカロンで有名な「ラデュレ」、 マドレーヌにある3つ星レストラン「ルカ・カルトン」(2000年~2001年当時)では、シェフパティシェとして最高責任者として働く。

世界的にも有名なお菓子の「ピエール・エルメ」にての部門責任者として活躍後、ホテル「プラザアテネ」にて2番手シェフ(スーシェフ)を経て、日渡。
PHOTO製造責任者、フランス菓子研究家

椛澤貴子(かばさわ たかこ)

日本女子大学大学院家政科食物栄養専攻卒業。大学院修士号取得。
調理師免許、栄養士免許及び管理栄養士免許を取得。
菓子・料理研究家としてテレビ番組を担当し活躍後、渡米。

アメリカのCCA ( The California Culinary Academy)にて製菓を学び、渡仏。フランスのパリのLe Cordon Bleu(ル・コルドン・ブルー)にて製菓・料理を専攻し、同時にアシスタントとして働き、修了証を取得。
パリの老舗菓子屋であるLadurée (ラデュレ)や複雑な構成で新しい流行を生み出すPierre Hermé(ピエール・エルメ)で修行する。
フランス労働許可書の取得に至り、製菓菓子River Service(リバー・サーヴィス)に正式入社後、ブーランジェリー(パン屋)のMaison Kayser(メゾン・カイザー)に転職。

本場のフランスパンの製造全工程を学び、高等レベルな技術を取得後、同店の製菓部でパティシエールとして活躍するかたわら、ENSP(フランス国立製菓学校)の日本語通訳としても抜擢される。在仏7年間。

Copyright (C) Patisserie Cacahouete Paris.  All Rights Reserved.
Home Profile BlogShopping