Patisserie Cacahouete Paris 店舗外観
Home | Profile | Blog | 焼き菓子 | オントルメ
What's New

年末年始のお知らせ

12月31日は、10:00~17:00まで営業しております。なお、2019年1月1日~6日まで冬季休業を頂きまして、1月7日(月)から通常営業となります。当店をご愛用頂きまして、おかげさまで13周年を迎えることが出来ました。2019年も引き続き皆様に愛され美味しいお菓子を沢山お届けできるよう、心新たに頑張ります。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。よいお年をお迎えください。

お待たせいたしました!!トートバック再登場です。

C'est tout nouveau, deux taille sac, déjà en magasin
大変お待たせいたしました。多くのお客様からのご要望を頂戴しておりました人気のトートバックです。今回は新作デザインで、更に白いトートバックの登場です!!!既に店頭に並んでいますよ。
新デザイントートバック.jpg

年末年始のお知らせ

2018年12月の定休日は12月19日(第3水)と27日(木)です。年内は12月31日まで営業いたしますが、31日の営業時間は10:00~17:00までです。予めご了承ください。
また、12月22日(土)から25日(火)のクリスマス期間は、サロンでのご飲食、ヴィエノワズリー(クロワッサン等)、カフェおよびソフトクリームの販売を一時お休みさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をお願い申し上げます。
年始は、1月1日~6日(日)までお休みを頂戴し、1月7日(月)より通常営業となります。
2018年のクリスマスは是非カカオエットパリで!皆様のお越しをお待ちしております。

2018 年11月25日からクリスマスケーキの予約開始です。

クリスマスケーキのご予約はお済ですか。
今年もカカオエットパリは美味しさにこだわり、皆様にお届けいたします。お電話(03-5722-3920)あるいは店頭でもご予約できますので、お気軽にお問い合わせください。

ジェロームシェフの2018年の〆のチョコレートケーキのテーマは「イチゴ」です。
サクサクのチョコレート生地の上に、甘酸っぱいイチゴのジュレとイチゴクリームを、口どけの良いチョコレートムースで包み込みました。15㎝と12㎝の2タイプをご用意しております。ショコラ ノエル フレーズ2018.jpg
毎年恒例の大人気の2段のイチゴケーキです。ぜひお早めにご予約ください。
イチゴ、スポンジそして生クリームの3拍子そろったバランスの良いケーキです。イチゴケーキノエル 2018.jpg 12㎝の小さいイチゴケーキもご用意しております。イチゴケーキ ノエル12cm.jpg


ジャンジャンブルショコラ!!

Grosse dinguerie mousse chocolat tanariva et manjari au gingembre frais et gingembre confit maison avec un crémeux gingembre posé sur un sablé chocolaté, gros coup de cœur
ヴァローナ社のタナリヴァとマンジャリを組み合わせて作ったチョコレートケーキは、なんとジェロームシェフオリジナルの自家製ショウガのコンフィ入り。このショウガとチョコレートの組合わせはフランスパリでは流行!
フレッシュな味わいの中に秘められたチョコレートの美味しさは、召し上がった方しか分かりません。シェフもスタッフも大絶賛のジャンジャンブルショコラ誕生です46516161_1008132192703832_1388240456357249024_n[1].jpg
profile
PHOTOカカオエット・パリ
Owner Chef Pâtissier
(オーナーシェフパティシエ)

Jérôme QUESNEL (ジェローム・ケネル)

パリ最高級ランクのホテル「プラザ・アテネ」レストラン製菓部門の2番手シェフとして活躍。シェフである、Christophe MICHALAK, (クリストフ・ミシャラック:2005年、パティシエ世界大会優勝)の右腕となる。
2004年の製菓コンクール(Championnat de France)にて準優勝。斬新的なアイディアを持つことから、フランス製菓業界専門月刊誌「ジャーナル・パティシエ」に数回掲載され、製菓業界の中でも注目されている。パリ製菓学校「ル・コルドン・ブルー」の非常勤講師を勤めるかたわら、製菓業界の中で最高レベルのMOF <Meilleur ouvrier de France>の(Stéphane LEROUX、Jean-Michel PERRUCHON)や著名なシェフたち(Gilles MARCHAL、Sébastien MICHEL)から手法や技法を直々に伝授される。

また、ENSP(フランス国立製菓学校)で研修を重ね、常に製菓に対して追及心と好奇心を持つ。自称するほどの繊細な舌を持ち、味に大変敏感で、 新しい味のハーモニーを作り出す。製菓界の芸術作品「飴細工」や 「クロカンブッシュ」を得意とする。

就業職歴10年。フランスの超一流レストランである、「トゥール・ダルジャン」後、老舗の菓子店でありマカロンで有名な「ラデュレ」、 マドレーヌにある3つ星レストラン「ルカ・カルトン」(2000年~2001年当時)では、シェフパティシェとして最高責任者として働く。

世界的にも有名なお菓子の「ピエール・エルメ」にての部門責任者として活躍後、ホテル「プラザアテネ」にて2番手シェフ(スーシェフ)を経て、日渡。
PHOTO製造責任者、フランス菓子研究家

椛澤貴子(かばさわ たかこ)

日本女子大学大学院家政科食物栄養専攻卒業。大学院修士号取得。
調理師免許、栄養士免許及び管理栄養士免許を取得。
菓子・料理研究家としてテレビ番組を担当し活躍後、渡米。

アメリカのCCA ( The California Culinary Academy)にて製菓を学び、渡仏。フランスのパリのLe Cordon Bleu(ル・コルドン・ブルー)にて製菓・料理を専攻し、同時にアシスタントとして働き、修了証を取得。
パリの老舗菓子屋であるLadurée (ラデュレ)や複雑な構成で新しい流行を生み出すPierre Hermé(ピエール・エルメ)で修行する。
フランス労働許可書の取得に至り、製菓菓子River Service(リバー・サーヴィス)に正式入社後、ブーランジェリー(パン屋)のMaison Kayser(メゾン・カイザー)に転職。

本場のフランスパンの製造全工程を学び、高等レベルな技術を取得後、同店の製菓部でパティシエールとして活躍するかたわら、ENSP(フランス国立製菓学校)の日本語通訳としても抜擢される。在仏7年間。

Copyright (C) Patisserie Cacahouete Paris.  All Rights Reserved.
Home Profile BlogShopping